ガーデニングハーブの様々な効果

ガーデニングハーブにはさまざまな効果があります。

ハーブには防腐作用、殺菌作用やカビを防ぐ作用に優れるため、食品加工の際には、風味付けをかねて多用されています。肉や魚介類の臭みを消し、保存力を増すための重要な役割を果たします。

口内清涼剤、歯磨き、石鹸、トニック、男性用ローションなどにもよく利用されています。

飲用すると、風邪や腹痛を和らげたり、また、ハーバル・バスにするとリウマチや神経痛、あるいはそれらが原因のむくみの症状などを軽くします。


数種類のハーブの効果を紹介します。

カモミールが、フランスやドイツで特に人気の高い理由は、子供たちの万能薬・民間薬として重宝されています。いろいろな身体の不調、特に女性特有の病気や神経障害に対する効果が知られ、更年期の不快も改善するといわれています。
また、優れた整肌作用、抗炎症作用、アレルギーを改善します。身体を温め、熱を下げ、気分を安静にします。風邪の引きはじめには濃いティーを飲んで休んでください。

セージは、「長生きしたければ5月にセージを食べなさい」というイギリスの格言があります。消毒、防腐抗菌作用は、肉の臭みを消し、香り付けをし、保存力を高めます。
古くから民間の万能薬として病気の治療に使われてきました。全身の強壮作用、消化促進、健胃整腸、解熱、血圧効果の作用のほかに、香りは神経の不安を除く働きもあります。
過敏な肌も丈夫にし、フケや抜け毛を防止します。作用が強いので、ほかのハーブよりごく控えめに。

ハイビスカスは、私たちがこの名を聞いてすぐに想像する、いわゆる「ハイビスカス」とは異なり、熱帯から亜熱帯地域で食用として栽培されている原種に近いものです。
赤く肥厚したガクは果実酸を多く含み、酸味のあるルビー色のティーはのどの渇きを癒す最適な飲料になります。ローズヒップとブレンドするには同重量を基本にすると美味です。
新陳代謝をよくし、身体をアルカリ性にし、便通を整えます。浸出液は肌を中性に保つ収れん性ローションになります。

ペパーミントは、 ガム、歯磨き、湿布剤、のど飴、筋肉痛やかゆみ止めの塗り薬などによく使われています。これも万能薬です。
頭や神経全体の働きをよくし、全身の代謝を活気づけ、胃や肝臓の機能も促進させます。消毒や抗炎症作用に優れていることから、風邪や気管支系の症状に使われ、また、神経強壮作用や鎮静作用もあるので、精神疲労を和らげ、ヒステリーを鎮めて気分をさわやかにします。
ローションとして使えば、収れん性が高く、肌をリフレッシュさせることができます。

ガーデニングハーブについて

ガーデニングは、自然の植物を通して、我々を癒してくれたり、ゆとりある生活を与えてくれます。

自分の家の庭や小さなベランダ、または貸し農園などで楽しめるガーデニングは、人々の生活に定着してきました。その対象とする植物は本当に多様です。

その選択肢の一つとしてハーブがあります。これを称して、ガーデニングハーブといえます。

もともと野生の世界各国の役に立つ植物を広い意味でハーブと呼び、その種類は数え切れないほど多く有り、原産地も世界中に広がり分布し生息ています。

すでにガーデニングハーブを行って方は更に知識を、まだ始めていない方はこれを機にガーデニングハーブを始めてみては。

ガーデニングハーブの苗・種類

ガーデニングハーブの苗の種類は本当に多様で、代表的なものを並べると、

アーティチョーク、アップルミント、アニス、イタリアンパセリ、ウィンターセボリー、オリーブ、オレガノ、カモミール、カレープラント、キャラウェイ、クレソン、ゴールデンレモンタイム、コーンサラダ、コモンセージ、コモンマロウ、コリアンダー、サフラン、サラダバーネット、サンフラワー、ジャーマンカモマイル、ジャスミン、シルバータイム、スィートバジル、スィートマジョラム、スープセロリ、ステビア、スペアミント、セントジョーンズワート、ダークオパールバジル、チェリーセージ、チコリ、チャービル、チャイブ、ディル、ナスタチウム、パイナップルセージ、パイナップルミント、ハイビスカス、バジル、フェンネル、ブッシュバジル、フレンチマリーゴールド、ペパーミント、ベルガモット、ポットマリーゴールド、マスタードグリーン、マリーゴールド、ミント、ユーカリ、ラベンダー、レモングラス、レモンバーム、レモンベルガモット、ローズマリー、ローマンカモマイル、ロケットサラダ、ワイルドストロベリー、大葉などがあります。

知ってるハーブありました?

本当に数え切れない覚えきれないほど多くのハーブの苗が存在します。

ガーデニングハーブの利用法、利用例

ガーデニングハーブの利用法とその利用例を紹介します。

ハーブはもちろん花として、美しさを楽しめます。

例えば、アーティチョーク、カモミール、コーンフラワー、サフラワー、サフラン、スイートバイオレット、セポリー、センテッドゼラニウム、ソープワート、タンジー、チコリ、ナスタチウム、バラ、ヒソップ、フラックス、ベルガモット、ボリジ、マロウ、ヤロウ、ラベンダー、レモンマリーゴールドなどが観賞用としてお勧めです。

そして、観賞用以外にもハーブには多様の利用法があります。その利用例をあげてみます。

ガーデニングハーブはハーブティーとしても利用できます。ハーブティーの飲み方については、特別のルールはありません。

好みによって、レモン、ミルク、はちみつを加えます。ハーブティーはほかのお茶同様、二煎まで有効で、それ以上になると、仮に色が出ても香りがなくなります。

飲んだあとは、お風呂に入れてハーバルバスとして再利用するとよいですね。

ハーバルバス利用のお勧めのハーブは、カモミール、ラベンダー、レモンバーム、リンデン、マリーゴールド、ペパーミント、ローズマリー、セージタイム、ユーカリ、マシュマロウが代表的なものです。

発汗作用、抗菌・清浄作用、皮膚強壮作用、美肌・整肌作用、デオドラント作用、リラックス作用、筋肉痛を和らげる作用などの効果があるようです。

ハーブはアロマテラピーとしても利用できます。

植物に含まれる精油(エッセンシャルオイル)は、強力な生命力を備えた有機物で、その天然精油を私たちの体内に取り入れて自然治癒力を強化し、美容と健康の維持に役立てようとするのがアロマテラピーです。

吸入、飲用、マッサージなどによる体表からの吸収などの方法があります。

また、ハーブはいろいろな料理に利用されています。

魚・肉・野菜料理に、サラダ、スープ、ビネガーに、ティー、クッキー、シャーベットに、ピザなどのイタリア料理に、ソーセージなどの詰め物、ピクルスにも、タイ料理にもと本当に多様に利用されています。